TOPページ > 症状・事例 > スポーツでの腰痛とは…

スポーツでの腰痛とは…

腰痛

腰部は各種のスポーツにおいて運動の中心の軸であります。そのため腰の骨・関節・筋肉・靭帯に衝撃・力学的ストレスを受け多くの方が腰痛を引き起こします。またスポーツでの疲労や姿勢の悪さから、腰周辺の筋肉・関節は過剰に緊張し、負荷がかかって腰に痛みを生じます。

1.腰の捻挫・打撲。

スポーツの動作のほとんどが腰を捻じる動きがあります。腰が元々動きが悪かったり股関節の動きが悪かったりすると、捻挫しやすいです。腰や股関節の動きを回復させる必要があります。

2.腰椎椎間板ヘルニア。

よく耳にするものにヘルニアというものがあります。腰の場合、正式名称を“腰椎椎間板ヘルニア”といいます。
腰の骨と骨の間に椎間板と呼ばれるクッションのようなものがあり、そのクッションに圧力がかかり、椎間板が飛びだし、その付近にある神経、組織を傷めたりし起こります。圧力を取り除く為、姿勢を良くする必要があります。

3.ぎっくり腰(急性腰痛)。

ぎっくり腰は、くしゃみや重い荷物を無理な体勢で持ち上げたりした際などに起こります。腰付近の靭帯、筋肉、筋膜などが損傷し痛みを発します。“ぎっくり腰”は正式な病名ではなく総称ですので、その起こる箇所も様々です。腰部自体が痛くなったり、背中の下のほうの背筋が痛くなったり、仙腸関節と呼ばれるお尻の部分が痛くなったりすることもあります。これらを全てまとめて“ぎっくり腰”です。鍼治療等で痛みを取ったり、筋肉を柔らかくする必要があります。

4.筋膜性腰痛。

急性・慢性の腰痛で、筋肉や筋膜(筋肉や内臓を包む膜)の変化に由来するものを”筋筋膜性腰痛”といいます。筋肉や筋膜を変化を正常に戻す必要があります。


5.腰椎分離症。

腰椎の椎間板のついている前方部分は椎体、後方の部分は椎弓と呼ばれます。椎体と椎弓が離れてしまった状態を“腰椎分離症“といいます。発症は発症は青少年期に多い疾患です

6.腰椎すべり症。

腰椎すべり症は腰椎が前後にずれてしまう疾患です。

7.腰椎横突起骨折。

腰を直接強打した場合、腰椎の横突起(おうとっき)を骨折する事があります。
ラグビー等コンタクトスポーツやスノーボード等直接腰強打し起こります。安静を保つ必要があります。

などの腰の疾患・症状があります。

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin