TOPページ > 症状・事例 > スポーツでの野球肩とは…

スポーツでの野球肩とは…

腰痛

野球肩とは、投球時に肩に痛みや違和感を伴い、投球を障害する肩の病変の総称です。野球以外にもバレーボールのアタックやテニスのサーブなどでも障害が発生します。投球動作は下肢・体幹・上肢と身体全体で生み出したエネルギーをボールに伝達する運動であるため、使い過ぎによる疲労や身体のアンバランス、フォームの破綻などにより肩に大きな負担をかけます。

1野球肩の病変

1.インピンジメント症候群 肩を挙げた際に痛むことが多いです。
2.腱板断裂 完全断裂だと投球不能です。
3.肩峰下滑液包炎
4.関節唇損傷 関節の軟骨の損傷です。
5.烏口突起炎 多くの筋肉付着している為痛み出ます。
6.Bennet病変 関節後下縁部の骨増殖します。
7.上腕二頭筋長頭腱炎
などがあります。

検査・テスト法をし、病変を判断し施術を行います。

2野球投球動作 障害発生 症状  重症度によって異なります。

・投球動作に痛みあります。
ワインドアップ(グローブの中にある時期で筋肉レベル低いです。)
コッキング(ワインドアップ時期から肩が最大後方位になるまでです。)肩後方、肩前方の痛みやアウターマッスルやインナーマッスルの緊張・圧迫されます。
アクセラレーション(コッキングからボールが手から離れるまでです。) アウターマッスルやインナーマッスルの緊張・圧迫や上腕二頭筋長頭腱炎・肩峰下滑液包炎などが考えられます。
フォロースルー(アクセラレーションから投球動作終了までです。) アウターマッスルやインナーマッスルの緊張・圧迫や上腕二頭筋長頭腱炎・関節唇へ張力・肩峰下滑液包炎・Bennet病変などが考えられます。

3肩を痛めた直後の処置

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。
⇒RICE処置について詳しくはこちら

痛み除去、再発予防の為のリハビリテーションとは

痛みとるため、筋肉の緊張を緩める手技を行います。
インナーマッスル(関節を内側から保護)とアウターマッスル(関節を外側から保護している大きな筋肉)の筋力増強します。
状態によっては、痛みが出ない様にテーピング等の固定します。
ストレッチングを十分行い筋肉の柔軟性をつけます。
身体全体のバランスを整える施術も必要です。
試合や大会には、ホワイトテープやキネシオテープを貼り、痛み出ない様に処置をします。

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin