TOPページ > 症状・事例 > スポーツでの野球肘とは…

スポーツでの野球肘とは…

腰痛

投球動作時に肘の痛みや違和感を伴い、投球出来ない状態を野球肘といいます。
繰り返しの投球で、肘に負荷が過剰となることなどが原因です。
肘の内側では靱帯・腱・軟骨が痛み、肘の外側で骨同士がぶつかり骨・軟骨が剥がれたりします。肘の後方でも軟骨や骨を痛めます。

発生要因

一般に野球の投手に多く見られ腕の筋肉の柔軟性低下・肩関節や股関節の柔軟性低下、長期間に渡る悪いフォームでの投球、過度の投球、繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることなどが原因です。

2野球肘の症状 重症度によって異なります。

投球のリリースの際に肘に激しい痛みを覚え、投球を困難にさせます。
・肘を伸ばしたりや曲げたりする動きが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。
圧痛があります。(肘の傷めた箇所を押すと痛みがあります。)

3野球肘の種類

内側の痛み 上腕骨内側上顆炎・内側側副靭帯損傷
外側の痛み 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎
後方の痛み 滑液包炎・肘頭遊離体

4肘を痛めた直後の処置

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。
⇒RICE処置について詳しくはこちら

痛み除去、再発予防の為のリハビリテーションとは

・腕の筋肉の緊張を緩める手技
・肩周りの筋肉や股関節の柔軟性を高めるリハビリストレッチングを十分行うことが重要です。
・投球フォームを改善する為、キネシオテープ固定や弱化している筋力をアップさせます。(当院ではゴムチューブで筋力アップさせます。)
試合や大会には、ホワイトテープやキネシオテープなどを巻き、痛み出ない様に処置をします。

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin