TOPページ > 症状・事例 > スポーツでのケガ 手首のケガとは…

スポーツでのケガ 手首のケガとは…

腰痛

スポーツなどで手首に無理な動作を繰り返したり、転倒した際に手を衝いた際、手首のケガが起こります。
手首のケガをすると、生活をしていくうえで、動作が制限されることが多くなり、不便になってしまいます。
手首をケガしたときは、応急処置を行い、適切な処置、固定が必要です。放っておくと痛みが消えない場合があるので、注意を要します。

1発生要因

無理に捻る動作を繰り返すことで起こるもので、テニスや野球など手を使うスポーツでよく起こります。また転倒した際に手を衝いて受傷します。
テニスや卓球、ゴルフなどのようにスピンを掛ける動作が多いスポーツで起こりやすいケガです。

2手首のケガ 症状 重症度によって異なります

手首の痛み。
手首の腫れ。
手首の熱感。
手首の動作痛。

3手を衝いて疑われる手首周辺の疾患

1. 手首捻挫
2. TFCC損傷
TFCC損傷のことを、三角線維軟骨複合体損傷とも言い、手首を捻ったり、手首を小指側に曲げると痛みが出現するなどの症状があります。
3. 舟状骨骨折
舟状骨とは手の根元を構成する8個の骨のうちのひとつで親指側にあります。
手首や親指の付け根の関節を動かすと痛みが生じるものです。
4. 前腕骨折
などが疑われます。

4手首のケガ 直後の処置

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。
⇒RICE処置について詳しくはこちら

5手首のケガ 気を付けること

・無理をさせないことです。
・手首の障害の「再発の可能性」が高いので再発させないしないケアも必要です。
・手首のケガをしたら油断せずに、関節に無理な動きが加わらないように努めて下さい。
・TFCC損傷とは捻挫とは異なり、血液の循環が悪いので治るのに時間を要します
・捻挫をした時は、適切な治療を施さないと、何度も捻挫を繰り返してしまうことになります。

手首の痛み除去、再発予防の為のリハビリテーションとは

手首周りの筋肉を鍛えるリハビリテーションを行います。
手首治った後は筋肉の緊張を緩める手技(ストレッチ等) を行います。
肩関節の柔軟性を高めます。(肩関節固いと負担がかかる為。)
身体全身のバランスを整える整体治療を行います。
リハビリをし、手関節の動きを良くします

練習や試合には、ホワイトテープやキネシオテープなどを巻き、痛み出ない様に処置をします。

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin