TOPページ > 症状・事例 > スポーツでのケガ オスグット病とは…

スポーツでのケガ オスグット病とは…

腰痛

オスグット病とは、膝の膝蓋骨(膝の皿)の下部にある脛骨が出っ張って痛むという軟骨の炎症のことです。サッカー、野球などのスポーツをする小中高生に多く見られます。スポーツなどで膝に負担をかけるとオスグット病を起こします。オスグット病を起こすと、歩行痛など日常生活やスポーツで障害をきたします。 大腿四頭筋の緊張を手技療法でとり、包帯やキネシオテーピングで負荷を減らし、早期に回復させることが必要です。

1発生要因

10 - 15歳の成長期に多く発生し、膝を曲げ伸ばしの反復により、脛骨が出っ張って痛みます。また、ジャンプやランニングなどの過使用、太ももに疲労が蓄積した場合も発生します。

2オスグッド病の症状  重症度によって異なります

・膝の脛骨部の痛み。
・膝の脛骨部の腫れ。
・運動時の動作痛。
・脛骨が変形する。
・膝を曲げると痛みが増強。

3オスグッド病 直後の処置

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。
⇒RICE処置について詳しくはこちら

4オスグッド病 気を付けること

・無理をさせないことです。
・放っておくと脛骨の変形が進行するので注意が必要です
・疼痛を緩和させる動作をとり、身体がアンバランスになることがあり、早期に痛みをとることが重要です。
・太ももの緊張が強いと再発しやすいです。

オスグッド病の痛み除去、再発予防の為のリハビリテーションとは

・太ももの筋肉の緊張を緩める手技を行います。
痛みとる為、負荷を減らす為に包帯やキネシオテーピングで処置します。
身体全身のバランスを整える整体治療を行います。
股関節の柔軟性を高めます。(股関節固いと下肢に負担がかかる為。)

練習や試合には、ホワイトテープやキネシオテープなどを巻き、痛み出ない様に処置をします。

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin