TOPページ > 症状・事例 > スポーツでのケガ ゴルフによる肘の痛みとは…

スポーツでのケガ ゴルフによる肘の痛みとは…

腰痛

ゴルフによる肘の障害は、『ゴルフ肘』と呼ばれ、肘の内側(上腕骨内上顆部) に付く筋を損傷することが多いです。
腕を使いすぎたり、スイング中にかかるクラブの重みや、ダフリなどで筋肉や腱の微細な断裂により、ゴルフ肘になります。
ゴルフ肘は、再発の可能性もあり、重症化すると、じっとしていても痛いなど日常生活にも支障をきたします。
予防するには、プレイ前に腕のストレッチ行うといいです。

1発生要因

腕を使いすぎたり、スイング中にかかるクラブの重みや、ダフったりすると肘に大きな負担がきます。
使い過ぎたりすると、肘周辺の筋肉に細かい断裂などが起きて炎症がひどくなり、痛みを伴うようになってきます。
また、ストレッチ不足で腕が硬い方や腰の回転などを使わずに手だけで打ってしまう方、スイングの時に手首の角度がよくなかったりするのも原因のひとつです。

2ゴルフ肘の症状  重症度によって異なります。

肘の内側を押さえると痛みます。
・手首を手のひら側へ動かしたときに痛みます。
クラブを持つと痛みがあります。

3ゴルフ肘 直後の処置

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。
⇒RICE処置について詳しくはこちら

4ゴルフ肘 気を付けること

無理をさせないことです。
・初期は軽度の痛みです。しかし、放っとくと重症化する可能性もあります。
・ゴルフ肘の「再発の可能性」が非常に高いので再発させないしないケアも必要です。

ゴルフ肘の痛み除去、再発予防の為のリハビリテーションとは

手首や肘周りの筋肉を鍛えるリハビリテーションを行います。(チューブなどを 
使って腕や手首周辺を軽く鍛えます。)
手首や肘周りの筋肉の緊張を緩める手技(ストレッチ等) を行います。
肩関節の柔軟性を高めます。(肩関節固いと負担がかかる為。) ・身体全身のバランスを整える整体治療を行います。

練習や試合には、ホワイトテープやキネシオテープなどを巻き、痛み出ない様に処置をします。

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin