TOPページ > 症状・事例 > スポーツでのケガ 踵(かかと)の骨折とは…

スポーツでのケガ 踵(かかと)の骨折とは…

腰痛

踵(かかと)の骨折は、高いところから落ちるなど転落により受傷します。踵(かかと)を下から叩くと強い痛みがあり、通常は歩行が不可能となります。
踵(かかと)の骨折は、ギプス固定をするケースと手術をするケースと両方です。
踵(かかと)の骨がくっついても足首の関節が狭くなっている場合、痛みが残ることもあるので、足首の関節を元に位置戻す必要があります。

1発生要因

高いところから落ちて足を強打したなど強い衝撃を踵(かかと)に受けたとき骨折が生じます。ラグビーやサッカーなどにも起こります。

2踵(かかと)の骨折の症状  重症度によって異なります。

押すと痛みます。
腫れがあります。
踵(かかと)を下から叩くと、強い痛みがあります。
・初期から激痛となることが多く、通常は歩行が不可能となります。
足関節運動に伴う痛みがあります。

3踵(かかと)の骨折のケガ 直後の処置

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。
⇒RICE処置について詳しくはこちら

4踵(かかと)の骨折 気を付けること

・ギプス固定であっても手術療法であっても早期に治療を受ければ、踵(かかと)の骨折の予後は比較的良好です。踵(かかと)に痛みがあれば、無理をせずに早期に専門医の受診をおすすめします。
・踵(かかと)の骨がくっついても足首の関節が狭くなっている場合、痛みが残ることもあるので、足首の関節を元に位置戻す必要があります。

5踵(かかと)の骨折 その他

小学生ぐらいのスポーツをするお子さんで、踵(かかと)が痛いという場合に見られる疾患の一つに「踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)」があります。別名「シーバー病」ともいわれています。
ふくらはぎの筋肉の緊張によっても起こります。

スポーツ選手は、踵(かかと)の骨でも疲労骨折をおこすことがあります。

踵(かかと)の骨折、再発予防の為のリハビリテーションとは

骨癒合後、ふくらはぎ周辺の筋肉を鍛えるリハビリテーションを行います。
骨癒合後、下肢を緩める手技を行います。
骨癒合後、全身のバランスが崩れてる場合は全身バランス整える整体治療を行います。
足首の可動性をつけます。

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin