TOPページ > 症状・事例 > スポーツでのケガ 鎖骨骨折とは…

スポーツでのケガ 鎖骨骨折とは…

腰痛

鎖骨骨折は、肩から転倒したり手を地面に衝いて、鎖骨に真横からの力が加わり起こります
小児から成人まで幅広い年齢層に起こるのも特徴の一つです。スポーツの現場ではアメリカンフットボールやラグビー、柔道などの格闘技に発生しやすい傾向があります。
受傷すると、疼痛の為、肩の動きが制限されます。リハビリは、筋力の強化や、柔軟性を向上させる手技やストレッチが重要です。

1発生要因

鎖骨骨折は、肩から転倒したり手を地面に衝いて、鎖骨に真横からの力が加わり起こります。
直接、鎖骨を打ち付けて骨折を起こすことはまれです。 小児から成人まで幅広い年齢層に起こるのも特徴の一つです。スポーツの現場ではアメリカンフットボールやラグビー、柔道などの格闘技に発生しやすい傾向があります。

2鎖骨骨折の症状  重症度によって異なります。

押すと痛みます。
腫れがあります。
皮下出血が出てきます。
肩を動かすと痛みます。(疼痛を伴うため肩関節は可動性を失いますが、肘部から指の運動は特に支障を来たさないです。)

3鎖骨骨折のケガ 直後の処置

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。
⇒RICE処置について詳しくはこちら
腕や肩を動かすと痛みが強まるので、三角巾などで腕を体幹に固定します。

4鎖骨骨折 固定

・できるだけ胸を反らせて、包帯や専用の鎖骨バンドなどで固定します。

5鎖骨骨折 気を付けること

・鎖骨骨折後は無理をしないことです。
・受傷直後、小児の場合、エックス線上で異常を認めないこともあるので注意しなければならなりません。
・骨のずれが大きい場合には、手術で骨をつなぐことになります。
・胸を反らして生活しないと鎖骨に負担がかかります。

鎖骨骨折、再発予防の為のリハビリテーションとは

鎖骨周辺の筋肉を鍛えるリハビリテーションを行います。
柔軟性を向上させる手技やストレッチを行います。
鎖骨骨折痛み消えて、身体全身のバランスが崩れてる場合には全身バランス整える治療を行います。(骨折部の肩の動きが制限されるので、全体のバランスを崩す為です。)

当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin