TOPページ > 症状・事例 > 交通事故 肋骨の痛みとは… 共立総合整骨院本厚木院

交通事故 肋骨の痛みとは… 共立総合整骨院本厚木院

腰痛

交通事故で肋骨を痛めるのは、次の通りです。バイク等で転倒し肋骨を強打するケースと、衝突された時に強烈な外力で痛めるケースとがあります。運転手は衝撃によりハンドルやシートベルトで肋骨を痛めたりします。
肋骨の痛みが発症すると、体動時に痛みが出現したり、くしゃみや咳でも痛みが出たりします。日常生活に影響してきます。
また、咳があまりにもひどいと、痛めた部分にダメージが入ってしまい、痛みが再発・悪化する可能性が出てきてしまうので注意です。
痛みに応じて固定を行うことも重要です。

1交通事故 肋骨痛の発生要因

交通事故で肋骨を痛めるのは、次の通りです。バイク等で転倒し肋骨を強打するケースと、衝突された時に強烈な外力で痛めるケースとがあります。運転手は衝撃によりハンドルで肋骨を強打し痛めたりします。他にもシートベルトをしっかりとしめていることによって、逆に肋骨の部分にダメージが入ることもありますが、シートベルト着用によりダメージは著しく軽減されます。

2交通事故 肋骨の痛み 症状について重症度によって異なります

肋骨や肋軟骨や肋骨の筋肉・神経を痛めます。
・肋骨を押すと痛みが出現します。
・身体の動きの制限されます。
・体動時に痛みがあります。

・胸部打撲部位の内出血があります。
・呼吸の倦怠感、違和感があります。
・肋骨部に腫れがあります。
・くしゃみや、せきをすると肋骨部が痛みます。
事故にあったその日はほとんど症状が出ず、翌日あたりから様々な症状が出現する場合が数多くあります。外見上あるいはX線診断における変化は見られないことがあります。

3交通事故 肋骨の痛みの施術

・マッサージを行います。
・早期に痛みとる為、電気療法を行います。
・状態によっては、固定で肋骨を保護します。
・無理せず症状に合わせて施術を行います。

4交通事故 肋骨の痛みで気を付けること

・無理をしないことです。
・疼痛を緩和させる動作をとり、身体がアンバランスになることがあり、早期に痛みをとることが重要です。
・咳があまりにもひどいと、痛めた部分にダメージが入ってしまい、骨折が再発する可能性が出てきてしまうので注意です。
・肋骨は内臓を保護しているので、内臓疾患が併発してないかも確認が必要です。

交通事故 腰痛の痛み除去、再発予防の為のリハビリテーションとは

・肋骨周辺の筋肉の緊張を緩める手技を行います。
・痛みに応じて固定を行うことも重要です。
・痛みがなくなったら身体全身のバランスを整える整体治療を行います。
・肋骨周辺の筋肉弱くなってしまうので、元の状態に戻すリハビリを行います。
・痛みがなくなった後、筋肉が緊張してる場合は、ストレッチなどで和らげます

交通事故による治療は自賠責保険が適用となるため、示談前であれば治療費の患者負担は0円です。
厚木市(本厚木・愛甲石田)、海老名市(厚木・海老名)、伊勢原市など交通事故の腰痛の方が当院に沢山来院し改善した実績あります。

共立総合整骨院 本厚木院
当院では、東洋医学・西洋医学両面からアプローチ致します。接骨・整体・鍼灸など多方面から痛みの原因を追究し、接骨・整体・鍼灸・マッサージ等専門的に施術を致します。最先端医療機器ございます。
共立総合整骨院 本厚木院
-ご予約はこちら-
予約専用(10時~19時)
0800-800-4426
診療時間
月・火・木・金 10:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
9:00~13:00(12:30)
16:00~21:00(20:30)
土・日・祝日 9:00~19:00(18:30)

※()内は受付終了時間です。

※混雑状況により、受付終了時間が早まる場合がございます。

その他

治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin